彼氏のアトピーは私が治す!

アトピー&食物アレルギー&時々喘息の彼氏と同棲中。バレないように色々調べて、じわじわこっそり治してみせます(*´ω`*)

お弁当

だいぶサボってしまいました!

はんせーい






最近はずっと蒸し暑くじめじめした日が続いて憂鬱ですが、彼の喘息はだいぶ落ち着いてきました。

たまーに咳&タンはでるけど元気(*´ω`*)


ジム通いはいったんおやすみして、毎日のんびりしてます♪









実は今日…

「体調不良で心配かけたお詫び」

として、彼がお弁当を作ってくれました!


「冷凍ぎょうざと肉野菜炒めお弁当」です。





じゃーん



ごはん多wwwwwwww





オカズの枠が小さすぎて吹き出しました。
ナンダコレハww






でもすごく美味しかったし嬉しかったです。

一生懸命詰めてくれて、ほっこり♡


心配するのも悪くないかな、なんて(笑)


また作ってくれるといいなぁ。

喘息、喘鳴。

季節の変わり目だからなのか
はたまた寄る年波か


最近風邪をひいていた彼くん。



おとといから喘息がでてしまいました。


ずーん



日中は結構元気なんですが
夜寝るために横になると、だめ。

のどがヒューヒューして、たまに深呼吸。




苦しそうです。


息がおもいっきりできないってストレスですよね(´-ω-`)


聞いたところによると…
子供の頃は結構キツめの運動制限があるほどだったそうですが、本人いわく

「ずっと野球してたら治った。
でも今でも喉風邪になると少し復活する」


だそうです。




心配だなぁ。ほんと。




早く梅雨があけますように。




今日はネギと生姜を食べさせます。

わたしの肌と化粧品。

 

 

普段から彼の肌のことばっかり気にしているわたしですが

 

 

 

実は  かなりの敏感肌 です。

 

f:id:ra-moup177:20170624231351j:image

 

小学生の時(悪魔の夢遊病時代)は母の手により

全身まんべんなく塗られる日焼け止めがかゆくて憂鬱な夏を過ごし、

 

中学生の時は、友達がやってるから、と始めた化粧水で真っ赤にかぶれ

しばらくの間マスクをして登校していましたし

 

思春期にきびを隠したい一心で買ったファンデーションは

よけいにニキビを悪化させいつか使える日を夢見て引き出しにそっとしまった高校2年生…

 

 

振り返っていてなんだか悲しくなってきました

我ながらちょっとかわいそう(笑)

 

 

 

でも、わたしは諦めませんでしたよ~

 

 

持前のガッツとポジティブでこつこつ、ひとつずつ合うものを見つけていき

今では大きなストレスもなく肌と付き合っていけています!

 

 

商品レビューブログや口コミがどんなに良くても

気になった商品はかならず公式ページに飛んで成分を確かめ。

 

そのうえで、これはわたしの肌質に合うかどうか総合的に判断し

商品説明や開発への思いにきちんと納得できたら購入する。

 

 

こういうことを長年繰り返して!やっと!今日にいたる!!

長かったなー!!!

 

 

 

 

 

…まぁここにいたるまで私はいったいいくらかけたのか、ということを考えると…ちょっと切なくなりますが。

 

今現在わたしが使っているものを一部載せておきます。

全てオイルフリー&アルコールが入っていないものなので、わたしにはすごく合っています♪

 

洗顔料・化粧水・乳液・アイクリーム→韓国コスメ atomi

ファンデーション・コンシーラー・チーク→レイチェルワイン

 

 

あと、BBクリームも韓国コスメのatomiを使っています。

 f:id:ra-moup177:20170624231114j:image

 

これ、ものすごく便利です。

発色がいいし、伸びも良くて使いやすく、小指の爪ほどで顔全体が塗れちゃいます。

まだ使い始めてから1年たっていませんがかなりお気に入り♪

 

 

先日読んだBBクリームについての記事にもまとめてあったんですが

 ⇩コレ

 30代におすすめのBBクリーム

 

わたしがBBクリームを選ぶ基準として重要視しているのは

 

  • 成分(アルコール・パラペンなど肌に悪いものがはいっていないか)
  •  色(色白のため、自分に合った色があるか)
  • 日焼け止め効果やカバー力の高さ
 
の、だいたい3つです。基本的なことがやっぱり1番大切だし、気になる。
 
 
今回読んだ記事&公式HPには、わたしの知りたいことがしっかりわかりやすく書いてあったので好感が持てました。
もし今使っているBBが販売中止になったりしたら、アヤナス試してみようかなぁ。

 

 血色を良く見せる「隠しピンク設計」っていうのが気になる。

ネーミングもいいし、疲れている時とか冬にはすごく活躍しそう。

 

あと最近やたらシミが気になってきたので日焼け止め効果が高いのもいいなぁ。

なのに敏感肌対応もできているところが魅力的。

 

 

 

あ、ちなみに…

 

わたし的BBクリームのおすすめな塗り方は

 

少量の化粧水と混ぜて使う。

 

こうすると肌との密着度が増して、持ちが良くなりますよ~♪

パウダーなんかを上から塗る必要もなしです。

 

お手持ちのBBで、「色は好きだけど伸びが…」など、ちょっと不満に思っているものがあればぜひ1度やってみてください。

 

 

f:id:ra-moup177:20170603135118j:plain

 

余談ですが。

 

 

わたしはBBクリームやファンデーション、コンシーラー、

化粧水や乳液などの 肌に直接つけるもの 

全てネット通販で購入しています。

 

 

これはあくまでわたしの感覚ですが。

 

ネット通販のものはドラッグストアなどで買えるものより

【商品の質】にこだわりがあるのではないか?と思うんです。

 

ネット販売のものは広告を打たないですよね?

TVCMなんかで見ることもないし、せいぜいネット中のバナーに出てくるくらい。

 

てことは…

広告がない分、商品の質や開発に費用をかけられてそうなんですよね!

 

広告ってめちゃくちゃお金かかりそうだし。

偏見かもしれないけど(笑)

 

 

だからわたしはネット限定販売のものが好き。

 たぶんこれからもずっと好き。

 

 

 

彼は全然こだわりなし男なんですけどね。

 

 生活用品への興味もほぼ皆無ですし、

思えば「今日からこれ使って」と言って商品の詳細を聞かれたことが一切、ない。

 

ふたごみたいに気が合うわたしたちなので、たまに違うところがあると新鮮です(笑)

 

 

 シャンプーとかね。

f:id:ra-moup177:20170601152324j:plain

 

我が家の中でアトピー対策として導入しているものは実は彼が思っているよりもかなりたくさんあるんですが、きっとこれからも気付かないんだろうなぁ。

 

体質改善をばれずに行う上でこんなに楽な相手はいないと思います(笑)

 

 

今回この30代におすすめのBBクリーム を読んだことで彼の体質改善だけではなく、自分自身の健康や美容についての関心も忘れずにいなきゃなぁ、としみじみ思いました。

 

もし興味があったら読んでみてくださいね♪

 

 

f:id:ra-moup177:20170608201922j:plain

 

いくつになってもずっと

 

「きれいな肌だね」

 

といってもらいたいなぁ。

 

 

引き続き体質改善&美意識向上がんばります。

 

 

 

おわり!

 

 

私が夢遊病だった頃の話(夏向け)



だいぶ昔の話


わたしはいわゆる【夢遊病】でした。






夢遊病とは?


夢遊病の正式名称は睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう, Sleepwalking)である。

睡眠中に発作的に起こる異常行動を指し、

無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠する。
が、その間の出来事は記憶していないのが特徴である。

興奮状態のまま眠りに就いてしまうことや、精神のストレスによるものが原因であるといわれているが
正確なものは現在不明である。

wikipediaより引用





当時

わたしが夢遊病だったのは小学生の時です。
正確には覚えていませんが、だいたい小学校3年生の夏から6年生の冬ごろまで続きました。




夢遊病の特徴のひとつとして、【意識のない状態でうろついたり何かをしたりする】というものがありますが、
私も当時の記憶はほとんどありません。



夜、ふとんに入って寝て
起きたらなぜか母の部屋にいる。


こういうことが3年間、たまーにありました。


「あ〜お母さん、ひとりで寝るのがさみしかったのかなぁ」


今思うとおかしな話ですが、そんなふうに思って特に深く考えたりはしませんでしたね。

その頃は【夢遊病】なんて言葉すら知りませんでしたから!(笑)






そんな私ですが、たったひとつだけ覚えている出来事があります。




初めて外にでてしまった日




当時、わたしは小学3年生。

妹と同じ部屋の、2段ベットで寝ていました。


いつもと同じように寝ていて


夜中



ふと目が覚めた。






部屋は暗くて、物音ひとつしなくて

もうお母さんも寝たんだなぁ
ああ、トイレ、トイレに行かなきゃ

そう思って、そして




外に出ました。








その直後、背後からガチャッ!と激しくドアを開ける音が聞こえ、ハッとして振り向くと目に映ったのは血相を変えた母。



「なにやってるのこんな時間に!バカ!!!」





ビンタされて、痛くて、


そこで初めて






(あれ?なんで外に出たんだろう…)





と、自分の行動のおかしさに気付いたんです。


大泣きしました、ほっぺが痛くて。









私はどこのトイレに行くつもりだったのか、どうして家のトイレではダメだったのか

今でも分かりません。どんなに考えても、どうしても思い出せませんでした。


でもひとつだけ


外に出て、なまぬるい夜風を体に感じた時

まるで夢の中で動いている感覚というか
ゼリーの上を歩いているみたいな、フワフワした感覚…


そんな感覚が気持ちよくて

ずっと、そのままでいたかった。



それだけは今でもはっきり覚えています…





後日談


その後、たびたびわたしは夜ベッドを抜け出すようになったそうです。(母談)





真夜中、キィキィという不思議な音で起きると横で寝ていたはずの娘がいなくて、
トイレかと探してみると玄関が開いており、外から娘がドアを開け閉めしながらこちらを見ていたり

(自分ながらめちゃくちゃ怖い。ホラーすぎる!!!)



「まま!おなかすいた!」と明るく話しかけてきた次の瞬間には寝息を立てていたり


まぁそれはそれはバリエーション豊かなわたしだったようですが…






ダイニングテーブルの上、

正座で砂嵐の流れるテレビを
ただ、じっと見つめる娘は

そんじょそこらのホラー映画よりも怖かった、と。






しかしよく次の日普通に接してくれたなぁ〜…

すごすぎる…母…







わたしがこの体験を通して心底思うこと、それは

母の愛は強し(笑)


これに尽きます。




わたしが母の状況ならどうしていたかわからない(笑)




あ、このホラーな問題行動(本当に夢遊病だったんだろうか)は
成長するにつれて頻度が減り、中学にあがる頃にはまったくなくなりましたよ。

今も再発はしておりません(笑)




母の深い深い愛を教訓に、わたしは今日も一生懸命過ごしていきたいと思います。





…笑






さて…最近寝苦しい夜が続きますが(まだか?)
これを読んだみなさまの背筋を少しひやっとさせることができていれば幸いです。



おわり!

嫌いな運動も一緒にやれば楽しい!…のか?

彼とジムに行く事になりました。



えぇそうです、ジム。





夜な夜なマッチョ達が思い思いに体を鍛える
あの、施設です。











理由:









太ったから。(二人とも)







まぁでも!!!


この機会に運動好きになってやろうと思います。



目指せ月会費モト取りカップル!!!










思えば彼と付き合って早約8ヶ月。


嫌いなこと、避けてきたことがたくさんあった私達ですが(野菜・家事・人付き合いetc)


ふたりでいることで、そういった面倒なものを、楽しみながら克服していけているような、そんな気がします。


ひとりだったらきっと、ずっと避け続けていた。






誰かと一緒に暮らすという事は「人生をもっと楽しく、もっと楽に過ごせるように変われること」なんだなぁ。




なんだかしみじみ、感じました。







でも水着だけはイヤ…(泣)

彼の好きなところ






ありのままの私を受け入れてくれる所。








私がいっぱいいっぱいな時

何も言わずに側にいてくれる所。









「一緒に頑張ろうね」って笑ってくれる所。







ありがとう。

大好きです。

「アトピーは遺伝する。ということ」

皆さんはどう思いますか?


もし、恋人がアトピーだったら。
もし、産まれてくる子供に遺伝したら。




半年前、彼の状態が非常に悪かった時。

私はただひたすらに【アトピー】のことを調べました。


アトピーの原因
アトピーの症状
アトピーの治療
アトピーの過程


なんでもいいから改善の糸口が欲しくて。色んな情報が出回ってる中で、
どんなものでもいいから正しい情報が欲しくて…毎日来る日も来る日も調べました。


調べて調べて調べ尽くして、
そしてある日


【恋人がアトピーで子供への遺伝が不安】


そんな悩みを見つけました。





正直な話…
当時の私はその事について考えたことがありませんでした。

アトピーについて本当に無知だったし、そもそも「彼と子供を作る」という事について無関心だったからです。


でもその悩みが載っているサイトを見て初めてそういう思いを持つ人がいることを知って、それに答える様々な人の意見を見て初めて、自分はそれをどう思うか。

考えてみました。



結論


私はアトピーが遺伝しようとなかろうと、
彼が好きだしこどもも欲しい


なんか論点がズレてるかもしれませんが(笑)これ以上の答えは出ませんでした。
だってさ、「子供が欲しいから誰かと一緒になる」ではなくて「好きな人との子供だから欲しい」んですよね、みんな。




もし自分の子供がアトピーだったら


私はたぶんこう言います。



「あなたの辛さはパパが一番知っている。対処法はパパに聞きなさい。その間にママがこっそり体質改善しとくから。」




そうですよ(笑)


彼は痒みのプロですから!!!



我慢出来ない悔しさも
どうにもならない苦しみも
そしていざという時の対処法も

もう全部全部知ってます。


子育てにおいてこんなに心強いことはないですよねー(笑)



「自分の子供がアトピーになるかどうか」なんて答えが出ないことを考えるより

いつか親子3人4脚

力を合わせて頑張っていきたいな。




私はそう、思います。





おしまい✨


↓我が家のシャンプー













和食で体質改善 アトピーっ子も安心の毎日ごはん

和食で体質改善 アトピーっ子も安心の毎日ごはん

アトピーの夫と暮らしています

アトピーの夫と暮らしています